株式会社Ridilover

株式会社Ridilover
  • 事業創出
  • 資金調達
  • 若者・学生
  • 創業前
  • 理系人材
  • 社会課題
事業者ウェブサイト

事業者概要

株式会社Ridiloverは「社会の無関心の打破」を理念として、2009年に設立、後に法人化しました。現在は中高生や企業関係者を社会課題の現場に案内する教育旅行事業、企業研修事業を運営する他、社会課題解決を目的とした民間企業との事業開発や、省庁・自治体との政策立案事業を実施しています。設立以来14年間、400種類以上の社会課題のテーマを扱っていることを強みとし、社会起業家の育成経験やインパクト投資ファンドへの従事経験を活かし、社会課題を解決するスタートアップを生み出してまいります。

取り組み内容

当事業では、理系大学生・大学院生の卒業後キャリアに「社会的起業」「スタートアップ創出」が当たり前になる東京を目指し、技術や専門分野を持つ理系学生等を対象に、社会課題の現場視察を通じた事業構築、実証、資金調達までを一気通貫で支援するプログラムを提供します。当社は社会課題のトップランナーとしてのネットワークと、有力事業家・投資家とのリレーションを有しています。ネットワークとリレーションを活用しながら日本の縮図である東京都で事業実証を進め、海外展開の可能性が見込めるような技術や研究を活用した事業作りを伴走します。技術・研究を活用した社会課題解決に興味を持つ大学生・大学院生・高専生のご応募をお待ちしています。社会課題の現場から世界に羽ばたく事業を一緒に創っていきましょう。

取り組み状況

KPI達成状況

横スクロールでグラフ全体を閲覧可能です。

アウトカム / 2023年12月末時点

※1:「今後海外展開の可能性があるチームがある」と回答したフィードバック審査員の人数(計5人中)
※2:「1年半事業伴走を受けた学生チーム」「課題探索に参加した学生チーム」のうち起業意向度が上昇した者の割合(支援プログラム提供前後に計測する)

アウトプット / 2023年12月末時点

※3:「何らかの連携・事業相談をしたいチームがある」と回答している東京都の職員割合数(最終報告会実施後に計測する)
※4:応募受付~書類選考を実施後、領域探索フェーズに進む技術や専門分野の知見を有する学生チームの決定
※5:領域探索フェーズにおけるリーンキャンバス作成支援に関するワークショップの実施
※6:1年半の伴走支援対象となる3チームを決定する、選考イベント開催を含む選考過程の推進
※7:領域設定フェーズ以降の各参加学生チームへの定期メンタリングを含む伴走支援の実施

SU支援情報

・現在公開中の募集情報はありません

SU支援情報(終了分)