Beyond Next Ventures株式会社

Beyond Next Ventures株式会社
  • 創業・アントレ
  • 海外展開
  • 理系人材
  • 大学発
  • ディープテック
事業者ウェブサイト

事業者概要

卓越した挑戦者たちと、その先の社会を創る
Beyond Next Ventures株式会社は、世界に通用するサイエンス/テクノロジーにより、地球規模の人類課題を解決することを目指し、研究者や起業家と共に、革新的なディープテックの社会実装に挑む独立系ベンチャーキャピタルです。リード投資家としてシード期のディープテック・スタートアップへの支援を強みとし、研究成果の実用化を加速するインキュベーション活動、経営チームの組成ならびに経営人材の育成、都心シェア型ウェットラボの運営、インドを起点とした海外展開支援など、VCの枠を超えてディープテック・エコシステムの構築に取り組んでいます。

取り組み内容

本プログラムは世界で活躍する日本人研究者が、グローバルに競争力のあるディープテックユニコーンの創業に挑戦することを目標としています。研究開発シーズの事業化を推進し、世界に大きなインパクトを与えるスタートアップを生み出すには、事業化に挑むチャレンジ精神や国境を越えた技術とネットワークが必要不可欠です。Beyond Next Venturesは本プログラムを通じて「研究者が社会の中心に」というビジョン実現に向けて、世界中で活躍するトップクラスの日本人研究者が、研究シーズの実用化プロジェクトに創業メンバーとして関与する機会を創出します。
一方で日本人研究者の起業の前段階となるマインド醸成や、スタートアップに関与する機会は少なく、そのポテンシャルが十分に発揮できているとは言い難い状況です。
この本プログラムではこの課題を乗り越え、より多くの研究者が事業化に挑む機会を提供します。

 

・主な実施内容
①就業体験プログラム
目標:ディープテックスタートアップでの事業体験を通じたスタートアップへの理解と経験値獲得
概要:主に日本国内のディープテックスタートアップにて最大6ヵ月の就業体験を行い、同社のグローバル展開や協力者等のネットワーク開拓などを担う
開催場所:主にオンラインを想定
時期:2024/4-2024/9を想定
対象人数:30名程度(公募・選抜)
費用等の支援::1日あたり1万円程度の謝金を想定

 

②起業実践プログラム
目標:社会課題の解決を目的とし、研究開発シーズを活用した事業の構想
概要:研究者を主体とした事業化チームを組成し、メンター・専門家からの支援を得ながら、 外部ネットワークも積極的に活用し、スケーラブルなビジネスプランの構築を行う
開催場所:オンライン、東京都内での現地イベント(2回程度)
時期:2024/10-2024/3を想定
対象人数:10名程度(公募・選抜)
支援内容:期間中の活動費として1名あたり300万円程度を提供予定
*上記①、②の各プログラムの両方・または単独での参加が可能です

 

・応募要件:
ディープテックスタートアップへの関わりに興味関心をもつ、海外在住の研究者・留学生
現時点でのシーズ・ビジネスプランの有無は問いません
・応募方法:事前登録フォーム(https://forms.gle/M47iwYY3texo1teD9)*正式なエントリーフォームを近日中に公開予定です
・実施体制:本プログラムは東京都が実施する「多様な主体によるスタートアップ支援展開事業」(https://tokyosuteam.metro.tokyo.lg.jp/)における協定事業者であるBeyond Next Ventures株式会社(以下、BNV)が実施し、株式会社tayo(以下、tayo)、一般財団法人 海外日本人研究者ネットワーク(United Japanese researchers Around the World、以下UJA)が協力して運営するものです
Beyond Next Ventures株式会社(https://beyondnextventures.com/jp/)
株式会社tayo(https://tayo.jp/)
UJA(https://www.uja-info.org/)
・問い合わせ窓口 info-incubation@beyondnextventures.com

取り組み状況

KPI達成状況

横スクロールでグラフ全体を閲覧可能です。

アウトカム / 2023年12月末時点

※1:グローバル展開を目指すディープテックスタートアップの新規起業・参画
※2:就業先スタートアップでのグローバル展開の進展(マッチング、パートナリングの成立)

アウトプット / 2023年12月末時点

SU支援情報

SU支援情報(終了分)