株式会社The Elements

株式会社The Elements
  • 事業創出
  • コミュニティ形成
  • 創業前
  • エンジニア
  • 大学発
  • 社会課題
事業者ウェブサイト

事業者概要

株式会社The Elementsは、インターネット上に情報が溢れ、膨大な情報をAIが瞬時に整理してくれる時代だからこそ、インターネット上にうまく現れない、誰かの「経験」や「らしさ」に着目します。それらを掘り起こし、新しい価値を見出し、それらをつなぐことで社会をより良いものしたい。具体的には、個々人の「経験」や「らしさ」を発信するメディア事業、それを通じて個々人をつなげ新しい価値を生むコミュニティ事業の2つに取り組んでいます。

取り組み内容

日本を「100人の村」に例えると、高齢者が26人、障害者が7人を占めます。株式会社The Elementsは東京都との協定の下、日本が世界に先んじて直面する「高齢障害社会」の課題解決に取り組み、そのソリューションを世界に広げるスタートアップを生み出すことに取り組みます。
そのために、メディア&コミュニティ事業「Inclusive Hub」を展開します。
① 高齢者や障害者が日々どんな生活を送り課題に直面しているのか、その「経験」を伝えるメディアを運営します(https://the-elements.jp/inclusive-hub)。
② その課題の解決に自身の「経験」を活かせる解決者を集め新しいソリューションや事業を生み出すコミュニティを運営します(招待制)。
ご自身の「経験」を教えて頂ける当事者の方や、日本から世界に示す「高齢障害社会」の課題解決に挑戦したい方や力を貸して頂ける方は、inclusivehub@the-elements.jp までご連絡ください。

取り組み状況

KPI達成状況

横スクロールでグラフ全体を閲覧可能です。

アウトカム / 2023年12月末時点

アウトプット / 2023年12月末時点

実施内容

私たちThe Elementsは、障害者や高齢者の課題解決に挑戦するスタートアップや創業希望者を支援する取り組み『Inclusive Hub』を実施しています。
障害に関わらず誰もが利用する「電話」は、家族に聴覚障害者を持ち聾学校の教師でもあったグラハム・ベルの研究から生まれました。「タイプライター」は、目の不自由な伯爵夫人が読みやすい文字を書けるようにとつくられました。「リモコン」は、自由に動けない人のためのものでした。身近な誰かの不自由を解消する発想から、世の中に新しい便利を生み出す挑戦者を求めています。

 『Inclusive Hub』は、まず障害者や高齢者への想像力を広げる『メディア』、実際に直接出会う『ミートアップ』、そこから継続的に共にアイデアや事業を考える『コミュニティ』を運営します。
 まず10月~12月は『メディア』の記事配信から始め、「こえ(発声障害)」「こころ(精神・知的障害)」「め(視覚障害)」「みみ(聴覚障害)」の4カテゴリーで、それぞれの障害の当事者やご家族・研究者・開発者についての記事を平日毎日合計65本配信しました。また、記事をご覧になって『Inclusive Hub』への参画を表明いただいたメンバー数は62名になりました。

記事配信にご協力いただいた主な当事者団体・研究機関・事業者

今後は、引き続き『メディア』の記事配信を続けて参画メンバー数も伸ばしていくとともに、実際に直接出会う『ミートアップ』や継続的にアイデアや事業を考える『コミュニティ』を開始し、課題当事者の声や、先行研究の成果、この分野で既にチャレンジしているプロダクトや事業の内容に触れられる機会を増やしていきます。
そこから、身近な誰かの不自由を解消する発想をもって世の中に新しい便利を生み出す挑戦者が生まれてほしい。『Inclusive Hub』への参画をお待ちしています。

SU支援情報

・現在公開中の募集情報はありません

SU支援情報(終了分)